2018年2月11日日曜日

平成29年度ボランティアのつどい

2018.02.10

「平成29年度ボランティアのつどい」が福祉センターで開催されました。
ASVNはボランティア連絡協議会の会員として受付と展示を行いました。

「ボランティアのつどい」は
愛川町ボランティア連絡協議会と愛川町社会福祉協議会が主催するもので
町内のボランティア活動や活動する団体を知る機会として開催されています。



受付の様子です。
お越しいただいた皆さんと最初にお会いするところ
笑顔でご案内させていただきました!

昨年は発表を、今年は展示での活動紹介をさせていただきました!
活動した色々な記録写真を掲示しました。

ボラ連萩原会長からのご挨拶。
ボラ連副会長はASVN副代表井上さんですが、当日は○○にて欠席…。
お休み中の井上さんの様子を話題にされ
心配していた会場内のみなさんを安心させてくださいました。


今年、活動発表をされたのは
私たちボランティア団体の活動を支援・サポートしている
「あいかわ町民活動サポートセンター」事務局である愛川町行政推進課
「春日台助け合いボランティアクラブ きずなの会」
来場されている皆さんへ向け、わかりやすくお話くださいました。



午前中のプログラムが終了しました。
午後の講演会へ出席するため昼食を!
いつの間にか「お弁当担当」になってしまった(?)メンバーの岸上さん!
いつもありがとうございます! 次もよろしくね!!(^^)


午後にプログラムされている今年度の「福祉講演会」

~テーマ~

ダウン症の娘(こ)と共に生きて

講師はテレビでもおなじみの 

書家であるお母さま 金澤 泰子氏 と 同じく書家である娘さんの 金澤 翔子氏

翔子さんの書でスタートしました!

この書を完成させるために15分近くかけた力作!
楽しそうに笑顔で、大きなふでを操り完成させました。

そしてお母さまによる講演。
「絶望」の時期を経て、翔子さんが一人暮らしをするまでになった日々の流れ
「認めること」「許すこと」「信じること」「夢や希望をもち続けること」

途中から涙がじわじわと…、鼻をすすりながら聞かせていただきました。
日頃の自分が恥ずかしくなるほど暖かいお話でした。


みなさん、おつかれさまでした!!
次回もよろしくお願いします。



-Nori-

2018年1月27日土曜日

平成29年度「災害ボランティアコーディネーター養成講座」協力

2018.01.27




今年度の災害ボランティアコーディネーター養成講座
開催され、ASVNも例年通り協力参加させていただきました。

まだまだ雪が凍った状態で残っている中
メンバーは8:00集合し、担当させていただく「炊飯訓練」の準備開始!


オリエンテーションとして活動内容や担当の確認を!
今年度の参加者は90名強だと社協から連絡があり
ASVNの持ち時間内に手順良く進められるよう
担当責任者を中心に役割の分担や手順の確認をしました。


室内では、コーナーを設けさせていただき
「お伝えしたいこと!知ってほしいこと!」のパネル展示を。

行政区からの参加が多いので「出前講座」について
講座の依頼から開催までの流れを表したパネルを追加!

少しでも多くの方に「防災・減災」に興味を持っていただけるよう
また、身近なこととしていただけるようアピールしました!

青空も見え始め「炊飯訓練」が開始となりました。

3つのテーブルに誘導させていただきました。
本来はこの時点で「なぜ炊飯袋?」など説明が必要な場面ですが
時間の関係もあり、後の他説明の時間を利用することにしました。
「釜の水はプールの水でも!」の説明に驚きの声も!



炊飯袋の利用に慣れた方、初めての方など様々で
皆さん真剣に軽量しセットしてくださいました。

「これで飯が炊けるのー?」「なぜ空気を抜くの?」など
質問をする方への返答や効率よく作業がすすめられるコツなど
会話をしながらの良い雰囲気の中
ASVNが与えられた「炊飯訓練」の予定時間を超えることなく
順調に進めることができました!!

室内での講座・講義の間に非常食が出来上がり
試食の時間となりました。

「炊飯袋で炊いたご飯はいかがでしょう?」
今回はレトルトカレーとともに試食していただきました。


混乱しないよう、各席からの誘導担当を設置しました。

人数がとても多いので心配していましたが
混乱もなく、皆さんにお配りすることができました。

暖かい室内から場所を変えて
ボランティアセンターの設置訓練です。

受付・ニーズ・マッチングと3つの役割について
社協より説明とデモンストレーションがありました。


参加者の皆さんには、各役割の模擬体験をしていただきました。

「実際の災害だったら、こんな風に落ち着いて話ができないだろうな…」
「この場所までどのくらいの方がボランティアを求めにくるのかな…」など
模擬体験したからこそ感じた「疑問や不安」を口にする方もあり
きちんと「学び、知る」ことが必要だ!
「他人事じゃないこと実感した!」などお話されていました。






私たちASVNの新メンバー2名も参加し、実際にスタッフとして参加しました。

慣れたメンバーも新メンバーも
「情報や知識」「技やコツ」などを一緒に学びスキルアップしましょう!

より良い「防災・減災」についての講座を提供できるよう
また、亡き石田元代表が喜んでくれる活動ができるよう
ASVN一同がんばります!



災害ボランティアコーディネーター養成講座へ参加された皆様
寒い中、一日おつかれさまでした!

今度は私たちASVNが皆さまの行政区などへお邪魔できたら嬉しく思います。
その際は「楽しく学びましょう~!」


【n.】










2018年1月21日日曜日

2018年1月スケジュール



2018年1月17日水曜日

ざま災害ボランティアネットワーク【ZSVN】防災カフェ


2018/01/16


ざま災害ボランティアネットワーク【ZSVN】が開催している「防災カフェ」へ
「学び」として、ASVNより3名がお邪魔しました。




市役所入口を入って左手のスペースで開催中
コーヒーのサービスと防災に関する展示と説明
ゆったりと防災について学ぶことのできるスペースです。



「備えてほしいこと」…家具の転倒防止やガラスの飛散防止
「備えておいてほしいもの」…食料や日用品、生活必需品
「大きな地震が起きるとどうなるか」
「被災した時の非常食」…炊飯用品や食料の貯蓄
などなど

これらについて各テーマごとにコーナーを設けて
解りやすく、訪れた方々の目を引く展示をし
ZSVNメンバーが具体的な説明をしていきます。


地下駐車場へのエレベータを降りたところには
電気が止まってしまったときに「手動」で動かせる自販機がありました!


座間市の「防災に対する意識の高さ」が伺えました。
愛川町も…ASVNの活動を通して高めていきたいですね!


帰り道の車内では
何かが起きた時に慌てても遅い!!
ASVNももっと訴えていかねば!!
有意義な活動をしていこう!!
と、この先の活動について話をしました。



ZSVNの皆さん、
コーヒーのおもてなし、展示のヒントやアドバイスなど
ありがとうございました。

またお邪魔させていただきますね!




今月は27日に社協主催の
「災害ボランティアコーディネーター養成講座」が開催されます。
予想を超えた多くの方々が申込をされていると聞いています。

ASVNが担当するのは「非常食」についてです。
非常時の炊飯について・食べ方・後片付けなど
きちんと参加者の皆さんへ届くよう頑張ります!