2018年4月14日土曜日

平成29年度 ASVN 定期総会

2018.04.14



4月14日(土)、愛川町文化会館リハーサル室にて
平成29年度 定期総会を開催。
 
当日はご多忙にもかかわらず、多くの来賓の方々にご出席をいただきました。


来賓として、愛川町副町長 吉川さまをはじめ
愛川町危機管理室、愛川町社会福祉協議会よりご出席をいただきました。

議事進行は、メンバーの成瀬より進めさせていただきました。
 
第一部
議事・議案について、原案どおり承認されました。 
  
第二部
建築の専門家からみた防災・減災について
中山工務店代表の中山裕次さまに講演していただきました。

講演をされる中山さま

私たちASVNの日頃の視点とは異なった内容となっており
とても興味深いお話をしていただきました。
また今後、私たちの活動へご協力をお願いしたい旨をお伝えしたところ
前向きなお返事をいただくことができたことから
ASVNの活動(講座など)も層を厚くしていくことができそうです。
 
今年度、町との協働事業や町社協・ボラ連への協力をはじめ
講座のお声がかかればどこへでも…
メンバー内のスキルアップを図るため、外部研修や内部学習会など
できるだけ多く行いながらの活動を目標としています。
 
 
平成30年度は、新事務局体制のもとメンバーが一丸となり
町内の皆さまから災害に備えるために頼られるボラ団体となるように
故石田前代表から褒めていただけるよう、気持ちを引締め前進していきます。
 
 
 
今年度もASVNをよろしくお願いいたします。
 
 
nori
 
 
 
 
 

2018年3月25日日曜日

タウンニュース「愛川東中学校での防災・減災教室」

2018.03.23


タウンニュースに
「愛川東中学校 防災・減災教室」の記事が掲載されました。


2日目3/14
タウンニュース社 富永さんがいらっしゃいました。


nori

2018年3月24日土曜日

「愛川町障がい者フォーラム2018」参加報告


2018.03.24




ASVNはオブザーバーとして山内代表が出席
他メンバー数名が参加させていただきました
          



            発表協力事業所として
              〇就労継続支援A型事業所 1件
              〇就労継続支援B型事業所 2件
              〇生活介護事務所
              〇グループホーム
              〇地域活動支援センター
上記それぞれの事業所が行っている
障がい者を支援する事業所としての「備えや対策」について
具体的に発表をしてくださいました。


大地震などで被災し
同じ地域に暮らす「ひとりひとり、誰もが被災者」となった時
どのように地域(周囲)と共存すればよいのか!?
どのように地域(周囲)と連携したらよいのか!?
各事業所の皆さんにとって大きな不安点だと思います。


今日の「障がい者フォーラム2018」は
日頃知るきっかけがなかった各事業所の様子を知る
とても良い機会となりました。

オブザーバー参加として
ASVN山内代表が出席し、お話させていただきましたが
各事業所の今後の「備えや対策」への参考になればと思います。






いつ起こるかわからない災害について
是非一緒に考え学んでいきましょう!



nori

2018年3月22日木曜日

愛川中原中学校 非常時炊飯訓練

2018.03.22


愛川中原中学校にて「非常時炊飯訓練」協力日
あいにくの雨・強風の中での活動となりました。

この日は、1年生の皆さんは体育館で球技大会
昼食として、PTAのお母さま方がカレーを作ってくださるそうなので
生徒さんたちは、炊き出し袋を使用した「炊飯訓練」を行い
自分達のご飯は自分で準備する!ことへの要請対応でした!




雨も風も強い…この時期にしては寒い陽気
この日の参加スタッフは6名
役割分担し、手際よく準備を開始しました。

体育館にて
今日の訓練概要を、代表がお話しさせていただきました。
楽しみな球技大会の前ですが、しっかり聞いていただけたようです。


体育館での説明が終えた後は
外の自転車置き場にて「炊飯袋」についての説明と実践を!
各クラスごとに分かれセットしていきました。

お米をこぼさずにセットする小道具!
水を正確に計量する小道具!
いざというときのために、準備しておくといいですね

お米や水をセットしたあとは…
手順良く説明を重ねていきました。

初めて体験する生徒さん
数回目となる生徒さん
お昼の試食に向け、準備をしていきます。

作業の締めくくりの袋とじが難しかったのかな?
普段「輪ゴム」を使う機会が少ないのかな??とも感じました。


慎重に作業を進める生徒さん達
助言するところ
見守るところ
私たちスタッフは、その場その場の見極めも必要ですね~



一通りの袋詰め作業が終了したところで
スタッフ全員で袋とじのチェックをさせていただいたあと大釜で加熱

今回は、この大釜を使用するにあたり
火がつかない… ついたと思ったら消えていた…  と慌てる場面も!!

しかし

結果良ければすべてよし! 無事に炊き上がり「ホッ」としました。


試食準備として4階の教室へ男性スタッフが運び
各クラスごとに「食べ方と片付け方の説明を!」

生徒さんから
「こんな風に出来上がるんだー」
「ちゃんとしたご飯だね」
「もっとまずいと思った」など
色々な感想の声も聞くことができました。


参加された学校関係者の皆さま、生徒さん、PTAのお母さま方
ASVNスタッフの皆さん
大変、おつかれさまでした!

今日の活動で、今年度の協働事業が全終了となりました。
来年度もがんばりましょ!!!!



nori





2018年3月14日水曜日

愛川東中学校 「減災・防災教室 2日目」

2018.03.14



そして2日目!
昨日とは違う2クラスの生徒の皆さんとお会いしました。



今日の「減災・防災教室」の流れを説明させていただきました。


1限目!!
「大地震が発生したら、どのように行動すべきか」
昨日1日目は山内代表が、2日目は渡辺副代表が担当させていただきました。


「非常時に正しい情報を得る!」として
非常時のラジオ局の役割等について熊坂から説明を!

2限目
「非常時への備え ~自分にとって家族にとって必要な物ってどんなもの?~」
非常時にも必要となる「日常使っている自分の身の回りの物」を書き出してみよう!
昨日に引き続き、柳川が担当させていただきました。

現在テレビCMされているセット品を例に
セット品を備蓄している?いくつ備蓄している?などと問いかけを!
「このセット品ひとつで何日分?何人分?」
生徒さんたちに再確認していただけたことと思います。

3限目
1、2限目のふり返り

●ライフラインがストップした時の「家のトイレ」を利用するには●
●おすすめ備蓄法「ローリングストック」とは●
●正しい情報を得るために「スマホでFMさがみ」を視聴するには●

この3コーナーを設け、生徒さんたちに回っていただきました。
1コーナー5分程度ですが、概要はご紹介できたことと思います。

講座プログラムが終了し
今日の感想を記入していただく時間を設けました。

先生のお話では「昨日の疲れが残っている生徒が多い」とのこと。
そんな中、午前中3時間のお付き合いは大変だったのではないでしょうか?


2日目を担当したスタッフと中学校の小池先生
愛川高校より参加のおふたりを交えて📷



昨日、今日の2日間の「減災・防災教室」では
問題意識を持つこと、備えの必要性を知ることがテーマ。
講師の話や、グループワークで得た自分では思いつかなかった意見から
「気づくこと」「知ること」を目的とし
自分の事だけでなく、家族やご近所の方々についても考えられる
地域の担い手になってほしい!ことをお伝えしました。


今回の講座では「広く、浅く」ご紹介。
これをきっかけに、知識や技をしっかり学んでほしいと考えています。


愛川東中学校2年生のみなさん
またお会いできるといいですね!次は何について学びたいですか??
積み重ねて自分の知識としましょう

次にお会いした時は3年生になっていますね~
いろいろな夢や目標に向かう大切な時期ではありますが
災害はいつ起こるかわかりません!
「備えよつねに!」
油断せず、備えていきましょう!



nori

2018年3月13日火曜日

愛川東中学校 「減災・防災教室 1日目」終了しました。


2018/03/13


愛川東中学校では、今日3/13と明日3/14の2日間
2年生を対象とした「減災・防災教室」が開催されます。

今日はその1日目ということで、スタッフ4名がお邪魔しました。

8:45~11:35までの1時間目から3時間目までという長時間
生徒さんたちが退屈しないように…
生徒さんたちのためになることを… 
いくつかのプログラムから検討し、講座の準備を重ねました。


会場となる4階の多目的室からの景色がとても良い!!


宮ケ瀬ダムが!!!


自分の卒業校ですが、宮ケ瀬ダムが見えるとは知りませんでした。
良いお天気だったので、見晴らしがなおのこと良かったようです。


明日は2日目(最終日)!
一部参加スタッフの入れ替わりがあり、4名~5名での対応となる予定です。






2018年2月11日日曜日

平成29年度ボランティアのつどい

2018.02.10

「平成29年度ボランティアのつどい」が福祉センターで開催されました。
ASVNはボランティア連絡協議会の会員として受付と展示を行いました。

「ボランティアのつどい」は
愛川町ボランティア連絡協議会と愛川町社会福祉協議会が主催するもので
町内のボランティア活動や活動する団体を知る機会として開催されています。



受付の様子です。
お越しいただいた皆さんと最初にお会いするところ
笑顔でご案内させていただきました!

昨年は発表を、今年は展示での活動紹介をさせていただきました!
活動した色々な記録写真を掲示しました。

ボラ連萩原会長からのご挨拶。
ボラ連副会長はASVN副代表井上さんですが、当日は○○にて欠席…。
お休み中の井上さんの様子を話題にされ
心配していた会場内のみなさんを安心させてくださいました。


今年、活動発表をされたのは
私たちボランティア団体の活動を支援・サポートしている
「あいかわ町民活動サポートセンター」事務局である愛川町行政推進課
「春日台助け合いボランティアクラブ きずなの会」
来場されている皆さんへ向け、わかりやすくお話くださいました。



午前中のプログラムが終了しました。
午後の講演会へ出席するため昼食を!
いつの間にか「お弁当担当」になってしまった(?)メンバーの岸上さん!
いつもありがとうございます! 次もよろしくね!!(^^)


午後にプログラムされている今年度の「福祉講演会」
~テーマ~

ダウン症の娘(こ)と共に生きて
講師はテレビでもおなじみの 

書家であるお母さま 金澤 泰子氏 と 同じく書家である娘さんの 金澤 翔子氏

翔子さんの書でスタートしました!

この書を完成させるために15分近くかけた力作!
楽しそうに笑顔で、大きなふでを操り完成させました。

そしてお母さまによる講演。
「絶望」の時期を経て、翔子さんが一人暮らしをするまでになった日々の流れ
「認めること」「許すこと」「信じること」「夢や希望をもち続けること」

途中から涙がじわじわと…、鼻をすすりながら聞かせていただきました。
日頃の自分が恥ずかしくなるほど暖かいお話でした。


みなさん、おつかれさまでした!!
次回もよろしくお願いします。




-Nori-

2018年1月27日土曜日

平成29年度「災害ボランティアコーディネーター養成講座」協力

2018.01.27




今年度の災害ボランティアコーディネーター養成講座
開催され、ASVNも例年通り協力参加させていただきました。

まだまだ雪が凍った状態で残っている中
メンバーは8:00集合し、担当させていただく「炊飯訓練」の準備開始!


オリエンテーションとして活動内容や担当の確認を!
今年度の参加者は90名強だと社協から連絡があり
ASVNの持ち時間内に手順良く進められるよう
担当責任者を中心に役割の分担や手順の確認をしました。


室内では、コーナーを設けさせていただき
「お伝えしたいこと!知ってほしいこと!」のパネル展示を。

行政区からの参加が多いので「出前講座」について
講座の依頼から開催までの流れを表したパネルを追加!

少しでも多くの方に「防災・減災」に興味を持っていただけるよう
また、身近なこととしていただけるようアピールしました!

青空も見え始め「炊飯訓練」が開始となりました。

3つのテーブルに誘導させていただきました。
本来はこの時点で「なぜ炊飯袋?」など説明が必要な場面ですが
時間の関係もあり、後の他説明の時間を利用することにしました。
「釜の水はプールの水でも!」の説明に驚きの声も!



炊飯袋の利用に慣れた方、初めての方など様々で
皆さん真剣に軽量しセットしてくださいました。

「これで飯が炊けるのー?」「なぜ空気を抜くの?」など
質問をする方への返答や効率よく作業がすすめられるコツなど
会話をしながらの良い雰囲気の中
ASVNが与えられた「炊飯訓練」の予定時間を超えることなく
順調に進めることができました!!

室内での講座・講義の間に非常食が出来上がり
試食の時間となりました。

「炊飯袋で炊いたご飯はいかがでしょう?」
今回はレトルトカレーとともに試食していただきました。


混乱しないよう、各席からの誘導担当を設置しました。

人数がとても多いので心配していましたが
混乱もなく、皆さんにお配りすることができました。

暖かい室内から場所を変えて
ボランティアセンターの設置訓練です。

受付・ニーズ・マッチングと3つの役割について
社協より説明とデモンストレーションがありました。


参加者の皆さんには、各役割の模擬体験をしていただきました。

「実際の災害だったら、こんな風に落ち着いて話ができないだろうな…」
「この場所までどのくらいの方がボランティアを求めにくるのかな…」など
模擬体験したからこそ感じた「疑問や不安」を口にする方もあり
きちんと「学び、知る」ことが必要だ!
「他人事じゃないこと実感した!」などお話されていました。






私たちASVNの新メンバー2名も参加し、実際にスタッフとして参加しました。

慣れたメンバーも新メンバーも
「情報や知識」「技やコツ」などを一緒に学びスキルアップしましょう!

より良い「防災・減災」についての講座を提供できるよう
また、亡き石田元代表が喜んでくれる活動ができるよう
ASVN一同がんばります!



災害ボランティアコーディネーター養成講座へ参加された皆様
寒い中、一日おつかれさまでした!

今度は私たちASVNが皆さまの行政区などへお邪魔できたら嬉しく思います。
その際は「楽しく学びましょう~!」


【n.】










2018年1月21日日曜日

2018年1月スケジュール



2018年1月17日水曜日

ざま災害ボランティアネットワーク【ZSVN】防災カフェ


2018/01/16


ざま災害ボランティアネットワーク【ZSVN】が開催している「防災カフェ」へ
「学び」として、ASVNより3名がお邪魔しました。




市役所入口を入って左手のスペースで開催中
コーヒーのサービスと防災に関する展示と説明
ゆったりと防災について学ぶことのできるスペースです。



「備えてほしいこと」…家具の転倒防止やガラスの飛散防止
「備えておいてほしいもの」…食料や日用品、生活必需品
「大きな地震が起きるとどうなるか」
「被災した時の非常食」…炊飯用品や食料の貯蓄
などなど

これらについて各テーマごとにコーナーを設けて
解りやすく、訪れた方々の目を引く展示をし
ZSVNメンバーが具体的な説明をしていきます。


地下駐車場へのエレベータを降りたところには
電気が止まってしまったときに「手動」で動かせる自販機がありました!


座間市の「防災に対する意識の高さ」が伺えました。
愛川町も…ASVNの活動を通して高めていきたいですね!


帰り道の車内では
何かが起きた時に慌てても遅い!!
ASVNももっと訴えていかねば!!
有意義な活動をしていこう!!
と、この先の活動について話をしました。



ZSVNの皆さん、
コーヒーのおもてなし、展示のヒントやアドバイスなど
ありがとうございました。

またお邪魔させていただきますね!




今月は27日に社協主催の
「災害ボランティアコーディネーター養成講座」が開催されます。
予想を超えた多くの方々が申込をされていると聞いています。

ASVNが担当するのは「非常食」についてです。
非常時の炊飯について・食べ方・後片付けなど
きちんと参加者の皆さんへ届くよう頑張ります!