2017年9月3日日曜日

平成29年度愛川町総合防災訓練

2017.09.03



愛川町総合防災訓練が下箕輪消防訓練場にて行われました。
ASVNは愛川町社会福祉協議会による災害ボランティアセンター設置に協力しました。

災害ボランティアセンター設置の準備中
エアーテントを設営し、床面にはブルーシートを
テント内には必要な受付ゾーンを準備しています。

「自分の身は自分で守る!」
いつどこでおこるかわからない災害への備えのひとつ
シェイクアウト訓練です。
その場で姿勢を低くし、頭を守る!!!

訓練開始にあたり
社協から「ASVN」と「あシボ」へのオリエンテーションの様子。
「ASVN」は受付を、「あシボ」はボランティア役を担当しました。


「どんなボランティアが、どのくらい必要か」を受付するニーズ班
ボランティアを必要とする人からの情報を受付。
受付した情報は、ニーズ班からマッチング班へ引き継ぎます。


ボランティアをしたい!という人を受付ます。
受付→待機後、マッチング班によりその人に向くと思われる活動が紹介されます。
ボランティア希望者は説明を受けたあと、活動先へ派遣されます。
派遣先での作業終了後、受付へ戻り帰宅報告→終了となります。



その他、以下のような訓練・演技も行われました。











 災害ボランティアセンターの閉所は
社協→町長へ「訓練終了報告」
社協→ボランティアセンター職員へ「閉所・撤収指示」
この手順にて終となりました。






予定していた訓練も一通り終了!
撤収作業中です。



まだまだ暑い中でしたが、無事訓練プログラムが終了!!
程よい風が吹いていて、いくらか暑さも凌げたように感じました。






3年に一度の「総合防災訓練」おつかれさまでした!
また良い経験をひとつ重ねることができましたね!!










0 件のコメント:

コメントを投稿